MacでMT4は使える?

Macは非常に熱烈なファンがいるコンピュータです。Macを使うと多くのファンは「Windows MSは敵だ」という意識が強く、WINDOWのソフトはあまり使いませんが、一方アプリケーションソフトは圧倒的に多いのでWindowsエミュレーター(仮想化ソフト)を使ってアプリケーションを利用することになります。

 

1、最新のMacには、Windowsをインストールして、アプリケーションを実行できるユーティリティ、Boot Camp が標準で装備されています。セットアップは簡単で、Mac のファイルも安全です。インストールが完了すると、OS  X 、またはWindowsを使ってMacをブート (起動) できるようになります。ただメモリやHDD容量を相当取られるためメモリの増設やHDDも容量の大きなものを増設しなければなりません。できれば増設するHDDはWindows専用にするべきでしょう。

 

2、軽量といわれるLinux OSを使うことも考えられます。LinuxはWineというWindowsソフトを動かせる簡易なエミュレータがあります。これもメモリはバカ食いするので増設が前提です。

 

3、このエミュレータソフトWineをMac OS上で使えるようにしたMikuinstallerという国産ソフトをもありますが、数年前に開発は終わってていくつか不具合も散見されます。これは辞めたほうが安心といえます。同じ発想のPlayonMacというソフトがあります。ソフトの容量もメモリ使用も超軽量です。インストールもやたら簡単でなおかつ無料です。 ただ日本語表示はフォントを追加したりしてもどこかしら文字化けが出ますからMT4は英語で表示することが安心です。

 

4、ここで考えねばならないのは、果たしてMacでMT4を使うことはよいことかという根本テーマです。Windowsも8がまた8.1にバージョンアップされ、XP毎日更新されていて、購入当初と比べればまったく別物になっています。また32bitから64bitになって以降、Windows上でもメモリーワークに問題が起こり、コンパイルエラーが出やすくなっています。今後Windowsでも動作がどこまで安全か懸念があるのです。

 

ましてやMacのWindowsエミュレータでの活用となると大変に心配です。無料のMT4ではその開発責任を問えません。大事なお金を運用する、ましてや自動取引する道具として不安がより大きなMacを果たして推奨できるでしょうか?運用用PCとしてWindows−PCを一台購入することが、よいように思えます。


このページの先頭へ戻る