日本時間に合わせる方法

MT4の標準時間はGMT表示です。GMTとはグリニッジ平均時(グリニッジへいきんじ、Greenwich Mean Time, GMT)のことです。グリニッジ天文台・グリニッジ子午線(経度0度)における平均太陽時(mean solar time)を指します。イギリスの標準時(standard time)ともいいます。日本時間とは9時間違います。GMT+9です。

 

MT4のGMTは各FX証券会社ごとに違います。当然1日の区切りがずれて日足の形成が変わってきます。日足が変わるので、日足から算出するインディケーター・EAも少し正確さが変わります。

 

1、MT4のGMTにはおそらく2通りのパターンがあります。
  一つはサーバータイムがGMT+0の業者です。
  +0とはGMTそのものをいいます。
  マーケットを動かしているのはロンドンシティ(ロンドン市場)がGMTのチャート
  で相場を見ています。
  ただこの時間を採用しているFX証券会社は多くありません。
もう一つはサーバータイムがGMT+2(夏時間は+3です)の業者です。
  +2とは2時間進んでいることです。
  これは多くのMT4のFX証券会社が採用している時間です。
  トレーダーが多いということがありますからこれが一般的といえます。

 

チャートの時間設定がGMTに設定するのは機関トレーダーが見ているチャートと同じ絵を見るということです。+2の業者は+0の業者よりインディケーターによって(日足を重視するインディケーター)左右されますが、これは大きな資金が動くタイミングがずれることを意味します。

 

「たんなる時間のズレだなんて大丈夫だ」と考える人もいますが、GMT設定をしない事により、EAが時間認識を間違え、いらぬ所でポジションを持ったり、ベストパフォーマンスできない可能性があるのです。お金を動かすツールです。要注意の事項です。GMTを自動的設定するEAもあります。EAのマニュアルを読んで確認しなければなりません。


このページの先頭へ戻る