iPhoneでMT4を使うには

現在では、スマートフォンはだいぶ普及し、持っていることも珍しいことではなくなりました。そして日本でもっとも普及しているスマートフォンと言えばiPhoneシリーズです。FX取引をしている人、そしてその中でMT4を使っている人の中にも、iPhoneユーザーは、たくさんいるでしょう。ではMT4を使ったFX取引を、iPhone上でもできるのでしょうか。

 

今現在、iPhoneでも使えるMT4のアプリを提供している日本国内のFX業者は、「FXトレードフィナンシャル」の1社のみのようです。「FXトレードフィナンシャル」は、アンドロイドでもMT4のアプリを提供しています。このiPhone用アプリを手に入れるのはとても簡単で、APPstoreで「FXTF MT4」と入力して検索すれば、すぐに出てきます。またFXトレードファイナンシャルのホームページにも、アプリのダウンロードサイトへのリンクがありますので、そこからでも大丈夫です。指示にしたがってダウンロードしたら、アプリを起動してみましょう。IDとパスワードを要求されますから、入力してログインすれば、使えるようになります。

 

iPhoneやアンドロイドなどのスマートフォン用MT4アプリは、とても便利なものですが、パソコンで使っているようなインジケーターは、まだ利用できません。しかしそれであっても、スマートフォン用MT4アプリを提供しているのは、少なくとも日本国内ではここだけですので、利用する勝ちは大きいでしょう。FXトレードファイナンシャルの口座を持っていない人やスマートフォン用MT4アプリを試してみたい場合は、デモ用口座が用意してあります。先にPCからデモ口座を開設することで、スマートフォンアプリも試すことができますので、興味がある人はぜひ試してみてください。

 

それ以外でiPhoneでMT4を使いたい、カスタムインジケーターもiPhoneのMT4でどうしても使いたいという場合は、自宅のPCの電源を入れっぱなしにしておいて、iPhoneを使って遠隔操作する方法があります。自宅のPCとiPhoneの両方に遠隔操作用のソフトをインストールすることで、それは可能です。具体的には、VNC(ヴァーチャル・ネットワーク・コンピューティング)というネットワーク環境を利用するもので、PCにはRealVNCというソフトを、iPhoneにはVNC Liteというソフトをインストールし、この2つのデバイスが連携するように設定をすれば、iPhoneからそのPCを遠隔操作できるようになるのです。この方法なら、実際のPCの画面をiPhoneで操作することになるので、インジケーターなどもPCの設定そのままで見ることができるようになります。

 

この方法なら、業者を問わずにiPhoneでMT4が使えるようになります。しかし画面の大きさや使い勝手から言うと、完全にPCと同じ快適さで操作ができるのかと言えば、そうではありません。それらのことを考えると、現実的にはFXファイナンシャルトレードの専用アプリを使うのが、もっとも現実的と言えるでしょう。


このページの先頭へ戻る