MT4のインジケーターってなに

チャートを用いて、一定の基準で相場を分析した結果を表示することが、FX取引におけるインジケーターです。FXの取引においては、このインジケーターを使った相場分析は、本当に多く使われています。MT4の場合は始めから、ナビゲーターウィンドウの中の羅線分析ツールフォルダとCustom Indicatorsフォルダの中にたくさんのインジケーターがあらかじめ用意されています。その二つのうち、羅線分析ツールフォルダに入っているものは、MT4を動かすうえで必要なもので、これらを自分でいじることはできません。そしてCustom Indicatorsフォルダの中にあるカスタムインジケーターは、プログラムを用いることで自分で中身を書き換えることができます。またネット上に公開されているものなどを、このフォルダーに入れて、そのインジケーターを使うこともできます。

 

これら二つのフォルダーに入っているインジケーターは、そのファイル名かアイコンをダブルクリックするか、あるいはチャート上にそのファイルをドラッグ&ドロップすることで、プロパティウィンドウが開きます。そのプロパティウィンドウで、それぞれのインジケーターに必要なパラメーターなどの設定をする必要があります。

 

インジケーターには、いろいろな表示方法のものがあります。相場価格チャートの上にそのまま表示されるものもあれば、相場価格チャートの下に枠が出て、そこに表示されるものなどです。枠が出てきて表示されるインジケーターは、ダブルクリックで独立したウィンドウで表示されるようになり、ドラッグ&ドロップをすれば、もとにあった枠内に戻るようになっています。

 

チャート上に表示されたインジケーターをチャート上から削除したり、あるいはパラメーターを変更したい時には、チャート上で右クリックして「表示中の羅線分析ツール(I)」で表示されるウィンドウ内で削除あるいは編集したいインジケーターを選択し、「編集」もしくは「削除」を押します。

 

カスタムインジケーターのプログラムは、MetaEditorで編集できます。カスタムインジケーターは、MQL4というMT4用の言語で書かれていますので、この言語が分からなくてはなりません。編集が終わったらコンパルボタンを押して、「OK」の表示が出れば終了です。この時「Program Files」→自分が使っているFX会社のMT4フォルダ→「expert」→「indicators」フォルダーの中に、実行ファイルである拡張子が「.ex4」のファイルが自動的に作られます。ここまで正確にできていれば、MT4のナビゲーターのCustom Indicator内にそのファイルの名前が表示されます。その状態であれば、チャート上でカスタムインジケーターとして使うことができます。

 

MT4に標準装備されているカスタムインジケーター以外にも、MT4のコミュニティーサイトやMT4を採用しているFX会社のサイトなどで公開されているものがたくさんありますので、自分が使いたいものを探してみるのも良いでしょう。


このページの先頭へ戻る